2017年12月21日木曜日

TBSドラマ「コウノドリ」第10話 出生前診断に答えはない


2017年12月15日に放送されたコウノドリ。
 
今回のメインテーマは【出生前診断】でした。
 
出生前診断で自分の子供に障害があると分かったらどうするか。

答えは無いですよね。

障害も個性。でも、誰も障害がある子供を望んではいません。

固い意志で育てると誓っても、自分達がいなくなったらその子はどうすれば良いのか・・・。
でもお腹の中には確かな命が宿っている。

答えなんて無いんです。
悩み続けることが答えなのかもしれません。

(今回は「ブラックジャックによろしく」よりいくつか引用しました)

2017年12月19日火曜日

子供が成長するにつれて遊びが変わってくる

子供の成長は早いです。

昨日できなかったことが、今日できたりします。
一週間目は覚束なかったことが、今日にはスムーズにできたりします。

それにつれて遊びも変わってきます。

我が家の子供は、ハイハイをしていた時は親が「待て待て~」と追いかけると、嬉しそうにハイハイで逃げ回っていました。

ただ、歩くようになりハイハイをしなくなると、その「待て待て~」遊びもしなくなりました。

歩き始めの時は外に連れて行っても、親の脚をギュッと掴んでなかなか一人で歩きませんでした。

歩くのに慣れると親の心配を他所にスタスタと遠くに行ってしまいます。

こういうところにも子供の成長を感じます。

しかし同時に寂しい気持ちもあります。

あの頃の遊びはもうしないのか。そのように感慨深くなります。

2017年12月6日水曜日

大人になったら1ヶ月の差なんて一瞬なんだから赤ちゃんの成長を比べるのは意味がない

赤ちゃんの成長速度はその子それぞれです。
早い子もいれば遅い子もいます。

ハンドリガード、寝返り、離乳食、一人座り、人見知り、ズリバイ、ハイハイ、つかまり立ち、ひとり歩き・・・

少しずつ出来るようになる赤ちゃんを見るのは喜ばしいです。

しかし、他の赤ちゃんと比べるのは無意味だと思っています。

私の知り合いの子は8ヶ月でスタスタと歩き始めました。かなり早い成長だと思います。

我が子は8ヶ月の時はまだズリバイをしてた気がします。1歳を過ぎてもひとり歩きはしませんでした。

じゃあ、8ヶ月で歩き始めた子は将来有望なのか?

そんなのは分かりません(何を持って有望かはともかく)。

ただ言えることは、大人になったら赤ちゃんの時の成長の速度なんて関係ありません。

今あなたの隣の人が、何ヶ月でハイハイを始めた、離乳食を何ヶ月から開始したなんて分かりますか?

同学年でも赤ちゃん・子供の時は5月生まれと3月生まれでは大きな差があります。

でも大人になったらそんな差なんてほぼ無いと言っても過言ではありません。

大事なのはその子のペースで成長するのを見守ることだと思います。

いずれ赤ちゃんは色んなことが出来るようになるはずです。

焦る必要はありません。

例えば、我が子は5ヶ月になったらすぐに離乳食を開始しました。

しかしほとんど食べない日々が続きました。

それでも11ヶ月の頃、急にたくさん食べるようになりました。

これが我が子のペースのようです。

子供を成長を促すために、寝返り、座り方、歩き方を練習するのは良いことだと思います。

でもその子のペースにあっていなければ、いくら練習しても効果は薄いです。

赤ちゃんはそれがやりたい時、自分の中で準備が整った時に自然とやってくれます。

焦らず温かく見守るのが一番です。

ちなみに我が子。

寝返り、ハイハイ、つかまり立ち、それ以外にも体重、身長、ほぼ全て平均通りに成長しています。
成長曲線なんてほぼ真ん中をキープしていました(笑)

保育園に行っているから、周りに成長の早い子はたくさんいます。我が子より生まれが遅い子のほうが出来ていることもあります。

でも我が子は、我関せず。マイペースで育っています。

2017年11月27日月曜日

子供を昼寝させたければ保育園に習ってみよう

保育園ではお昼寝の時間があります。
昼食が11時からあり、12時前後からお昼寝の時間です。

我が子(1歳1ヶ月)はそのお昼寝で3時間近く眠ります。

しかし、保育園が無い日に家でお昼寝させようとしてもそんなに寝ません。
1時間前後で起きてしまうことが多々あります。

保育園では寝るのに、家では寝ない。
その違いは何か。

ある時、我が子が発熱のため、お昼過ぎに迎えに行ったことがありました。
保育園ではお昼寝の時間です。

すると、部屋の中が暗くなっていました。
カーテンを閉め、電気も消していました。先生は子供の様子を気にしつつ、部屋の隅で事務作業をしていました。

我が家でもこれを真似してみました。
保育園がない日のお昼寝の時間。カーテンを閉め、電気も消してみました。もちろんテレビも。

すると10分後にはコロリと寝てしまいました。
仰向けのまま、あまり寝返りもせずスースーと寝入ってしまいました。
今までの家でのお昼寝より深い眠りに入っている感じでした。

リビングでお昼寝させたのですが、その日はテレビも付けずにキッチン作業をしていました。
そして3時間近く起きませんでした。途中でパチっと目が空いて起きることはあっても、また眠りに付きました。

また別日。同じよう寝かしつけると、またまたあっさりと寝入ってしまいました。
今回は寝入った後にテレビを見ました。すると1時間後には起きてしまいました。その後は再び寝かしつけをしようとしても寝ませんでした。

どうやら部屋の環境、特に明るさ・暗さが重要なようです。

保育園ではお昼寝の習慣をつけているし、そういう環境を作るのにやはり長けています。
もちろん保育士さんが努力されているというのもあります。

あまりお昼寝しすぎると夜に寝ないということもありますが、やはり子供には睡眠時間は必要です。
子供は体力があるために、睡眠不足でも遊べてしまいます。

そのためにも大人がある程度、睡眠時間を調整してあげる必要があると思います

2017年11月15日水曜日

TBSドラマ「コウノドリ」第5話 妊娠中に不安が消えることはない

2017年11月10日に放送されたコウノドリ。
 
今回のメインテーマは【切迫早産】でした。
 
切迫早産で入院した妊婦。
そのお腹の中の子が、ある日突然に心拍が確認出来なくなる。
死産。
家族に急に降りかかる現実。
幸せの階段から、一気に悲しみの谷の底へ。
 
 
妊娠中は何があるか分かりません。
 
お腹の中の子が無事に育っているか・・・。
 
妊婦健診が無事に終わるとホッとします。
 
そして次の妊婦健診まで不安です。
 
だからこそ産まれた時の喜びは何にも変えがたいのかもしれません。

2017年11月13日月曜日

子供が産まれると毎日洗濯するようになる

子供が産まれると洗濯物が増えます。当然、毎日洗濯することになります。

夫婦二人の頃は二日に一回、三日に一回のペースでの洗濯でも何とかなります。
 
子供が産まれたらそうはいきません。
 
保育園に行くようになったらなおさらです。保育園では最低一回は一通りの着替えをします。
外遊びとかして汚れたら着替える回数も増えます。
 
また、歯が生え始めた子供はヨダレが大量に出るため、スタイもすごく使います。
オムツ替え用のタオル、食事用のタオル、お昼寝用のシーツ等々もあります。
 
子供が産まれてから我が家では洗濯機を10キロサイズに買い替えました。
 
そのおかげで大量に洗濯物が出ても何とかなります。
それでもシーツとかを洗う場合は二回洗濯機を回したりします。
 
平日朝は干す時間が無いので、基本的に夜干しで朝か夕方に取り込みます。
雨の日は浴室乾燥機で何とか乾かします。
 
本当は乾燥機付きの洗濯機の方が楽なのでしょうが、そこは家庭の事情にもよるでしょう。
 
少しでも時短のために、洗剤はすすぎ一回の物がオススメです。
 
洗剤は大人と同じ物を使っています。

2017年11月2日木曜日

TBSドラマ「コウノドリ」第3話 産後うつはひと事ではない

2017年10月27日に放送されたコウノドリ。
今回のメインテーマは【産後うつ】でした。

思い通りに行く育児なんてありません。

赤ちゃんは泣きます。何をやっても泣きやまない時もあります。

赤ちゃんは泣くことでしか自分を表現できません。

お腹空いているならミルクを飲めば良いのに、それが分からず、ミルクを上げてるのに泣くこともあります。

眠いなら寝れば良いのに、それが分からず、寝かそうとしているのに泣くこともあります。

そして、気がつけば泣き疲れて寝たりします。

『赤ちゃんが泣いていても少し放っておけばいい』

なんて言う人もいますが、なかなかそれが出来ないですよね。特に初めての育児の場合は。

「私は大丈夫」

うつになった人もきっとそう思っています。

予防できるものでは無いと思いますが、頑張りすぎず、うまく手を抜いて、少しでも育児から解放される瞬間を作ることが大事だと思います。

2017年10月30日月曜日

子供が熱性けいれんになったら冷静でなんていられない

我が子は10ヶ月の時に熱性けいれんになりました。
その時の経緯を振り返ってみます。

その日は朝から熱が高く、38度後半ありました。午前中に病院に行ったところ、呼吸が苦しそうなので、風邪薬・気管支の薬・気管支拡張シール・解熱剤を処方してもらいました。

寝ている時も呼吸が浅く苦しそうでした。午後になると離乳食はおろか、母乳・ミルクすら口にしません。

何とかスポイトで水分補給をさせていました。

抱っこしていると何とか寝てくれるけど、布団に置くと途端にぐずります。それも苦しそうにぐずります。

しょうがないので、ベビーラックでゆらゆらして少しだけ寝たりしました。

夕方になっても熱が下がらず苦しそうなので、解熱剤を飲ませました。


解熱剤のおかげか、ちょっと楽になったようで、3時間ほど眠りにつきました。

そして夜。私達夫婦が食事と片付けを終え、オムツ替えをしようと仰向けに寝かした時。

急に手がブルブルと震えだしたのです。顔面蒼白。表現できないような白さになりました。唇は紫。目の焦点は完全にどっかに飛んでいます。

まずは救急車の前に#8000(小児の救急電話)に電話しました。

症状を話したら、すぐに救急車を呼んでくださいとのこと。

そして救急車を呼びました。ものの5分もしないうちに家の前に救急車が来ました。

その時の我が子の様子は・・・ケロッとしていました。

救急車で処置中も酸素マスクで遊ぶくらいの元気も出て来ました。

病院についても割りと元気で、お医者さんや看護師さんの処置道具に興味津々で手を伸ばしてきます。

お医者さんの診断は熱性けいれん。

ひとまず今回が初めての熱性けいれんであり、突発性発疹かRSかは判断できないのでひとまず様子を見ましょうでした。

そして家に帰りました。

これが我が子の1回目の熱性けいれんでした。

1回目と書いてありますが、まだ2回目は起こっていません。

熱性けいれんをネットで調べてみると、まずは冷静に子供の症状を把握しましょうとか書いてあります。

すぐにおさまるなら翌日に病院に行きましょうとか。

はっきり言ってムリです。

子供がけいれんしているのに冷静でなんていられません。

そもそもけいれんの症状が大丈夫かなんて判断できません。

その日、実は子供の高熱が続いたため、あらかじめ熱性けいれんがあるんじゃないかと調べていました。

それでも全く冷静ではいられませんでした。

確かに何でもかんでも救急車を呼ぶのは良くないと思いますが、熱性けいれんになったら救急車を呼んでも良いと思います。

現にお医者さんにもそう言われました。

その日、お医者さんには、子供が熱を出したら体を冷やしてあげて下さいと言われました。

それ以来、気温が高い日や熱を出した時はなるべく冷やすようにしています。

濡れタオルで体を拭いてあげたり(気化熱で体の熱を下げる)、布団に保冷剤をセットしたりしています。

2017年10月26日木曜日

TBSドラマ「コウノドリ」を見ていると涙が出てくる

TBSのドラマ「コウノドリ」が始まりました。
 
2016年にも放送され、今回はシーズン2という位置づけです。
 
我が家は夫婦でシーズン1を見ていたため、シーズン2も見ています。
このドラマを見ると、妊娠・出産って色々あるんだなと思います。
 
未受診妊婦、超早産、不妊治療、片親、先天性疾患・・・
思わず自分に置き換えてしまいます。赤ちゃんが産まれてくるシーンは思わず涙ぐんでしまいます。
 
そして、我が子が無事に産まれてきたことを奇跡と感じます。
無事に産まれてくる赤ちゃんの裏には、何らかの事情を持って産まれてくる赤ちゃんもいるんだなと。

ちなみに、ドラマの中に出てくる赤ちゃんは、人形やCGではなく、全て本物の赤ちゃんのようです。
 
シーズン1を見ていない方でもストーリーは何となく分かります。
オススメです。

2017年10月22日日曜日

オムツが新生児サイズからSサイズになる期間

我が子は3,200グラムで産まれてきました。

当然はじめはオムツは新生児サイズでした。

Sサイズになったのは生後1ヶ月2週間でした。

新生児はオムツはたくさん入っていて、オムツ換えも頻繁に行いますが、すぐに使わなくなるのでまとめ買いはやめておきましょう。

我が家は1パック余らせてしまいました。

2017年10月20日金曜日

1歳児の1日のスケジュールはこんな感じ

自宅にいる場合の子供(1歳1ヶ月)の1日のスケジュール
【6:00】
起床
目覚めに水を飲ます
体拭き&オムツ替え
※場合によっては5時に目覚めたりもする
【6:20】
朝食
※ややグズりながらもほぼ完食する
※朝食後はすぐに便が出る
【9:00】
おやつ
【10:00】
朝寝
※15分~60分。日によって時間は前後する
【11:00】
昼食
※昼食後はすぐに便が出る
【12:00~15:00】
昼寝
※日によって時間は前後する。長い時は3時間以上寝ることも。
【15:00】
おやつ
※おやつの後は便が出ることもある
【17:30】
夕食
※夕食後はすぐに便が出る
【18:00~18:30】
お風呂
※父親の帰宅時間によって前後する
【19:40】
寝かしつけ開始
【20:00】
就寝
※日によってはもっと早く寝たり、もっと遅く寝たりする
我が家では1歳になって卒乳したのですが、ミルクもフォローアップミルクもあげていません。
離乳食をちゃんと食べてくれるので、特に不要かなと思ってます。

【その1】子供への解熱剤は使うべきか否か(解熱剤の賛否)

我が子が行っている小児科では、「熱が38度を超えたら解熱剤(座薬なら38.5度)を使用して下さい」と言われます。

ネットで調べると解熱剤否定派が圧倒的に多いですね。

「熱が高くても元気なら解熱剤は必要ない」
「解熱剤は根本的な治療にならない」
と。

専門家じゃないので難しいですが、何を基準に元気って言えば良いのでしょか?

食欲があって便も出て遊び回ってても、熱があると子供ってグッスリ寝ないですよね。

経験から言うと、38度を超えると夜寝てても、何となく途中で何度も起きてしまうことが多いです。
起きてもすぐ寝るけど、眠りが浅い感じがします。

普段は8~10時間くらいぶっ通しで寝る我が子は、熱がある時は1~2時間毎に、寝て起きて寝て起きて・・・を繰り返します。
熱が出ると鼻が詰まってしまうので、熟睡できないようです。

でも解熱剤を飲ませてから寝ると、ちゃんと寝てくれます。
解熱剤を飲んでスースーと寝ている我が子を見ると、解熱剤のありがたさを感じます。

眠りが浅くて夜中に何度も起きる子供の世話は大変です。 
我が家は共働きのため、子供が夜中に何度も起きるとお互いの仕事にも影響が出ます。
それこそ家族全体で体調不良になってしまいます。

我が子のかかりつけ医はそのような経験を元に解熱剤を推奨しているようです。

あなたのかかりつけ医はどうですか?

失礼ながら、ちょっと年配で子育てを女性に任せてきた男性の医者ではないですか?

「熱が出てるってことは病気と闘ってる」
ごもっともだとは思います。

でもちゃんと寝ないとそれこそ体力も回復できず病気と闘えないんじゃないでしょうか?


もちろん解熱剤の乱用は良くないでしょう。

でも我が子は解熱剤を飲んでグッスリ寝たら翌朝には機嫌が良くなってることが多いです。

良く寝ることは生物として(大げさ?)最高の治療ではないでしょうか。
そのためにも今後も私は解熱剤を使用すると思います。
※服用頻度は守りましょう

その2はコチラ
http://what-new-blog.blogspot.com/2018/09/2.html?m=1

子供が今年二回目の手足口病になりました(その2)

子供(1歳)の手足口病はだいぶ良くなりました。

始めはオムツを変える時にお尻にブツブツが出ました。
オムツかぶれかな?と思ったら、次は口の中に発疹が発生。

そしてその日の夕方から発熱。

その次の日は38度後半まであがり、いつもより元気がない感じに。

さらに次の日も熱は下がらないものの、少し元気に遊ぶようになりました。

今日は朝から平熱になり、元気に遊んでいます。
それでも大事を取って家で安静にしています。

今回の発疹はお尻、手の平、口の中に出ました。

夏に手足口病になった時は足と腕と口の中に発疹が出ました。
その時はミルクも飲まず、ひたすらグズっていました。

今回は食欲は旺盛のため、その時よりも治りが早いように思います。

11ヶ月の時から離乳食をよく食べるようになり、体も強くなってきました。
赤ちゃんと言えども食事は大事なんだと実感しています。

2017年10月19日木曜日

Amazonプライム

Amazonプライムに加入してから約1年。
正確に言うと、子供のオムツを安く買うためにAmazonファミリーに加入しています。

Amazonプライムビデオの【有田と週刊プロレス】がとても面白い。

最近始まったプライムリーディングはこれから読める本が増えると嬉しいな。

2017年10月18日水曜日

子供が今年二回目の手足口病になりました

子供(1歳)が手足口病になりました。

今年に入って二回目です。
ウィルス性の病気は一度かかると免疫ができるのですが、手足口病はウィルスが何種類かあるらしいです。

そのため何回もかかる人もいるとのことです。

普段より元気はないものの食欲は旺盛。
7月に手足口病になった時は離乳食もほとんど食べなかったけど、その頃に比べたら強くなったのかな。

熱は39度前後。
体はダルいみたいであまり遊ばず、昼寝もせずボーッとしてます。

早く良くなって元気に遊んで欲しいです。