2018年10月24日水曜日

​メリーズのオムツを大量購入している人に出くわした

先日、アカチャンホンポに行きました。

そこでとある外国の方が家族連れで買い物に来ていました。

そしてその方々がレジに並ぶと・・・

カートには大量の紙おむつ!


しかも箱買い。


ざっと見て10箱以上あったと思います。

メーカーはメリーズでした。

そう言えば、ちょっと前に外国の方がメリーズを買い占めているみたいなニュースが流れていました。


そのせいか、色々な店で「紙おむつは一人2パックまで」との張り紙がされていました。


この日はそのような張り紙があったかは分かりません。

また、その方がどういう意図で買ったのかは分かりません。


もしかしたら双子、三つ子なのかもしれません。


他の家族のも一緒に買ったのかもしれません。

メリーズは品質が良くて、オムツかぶれのしやすい赤ちゃんには特に良いと聞いたことがあります。


もしその外国の方が邪な考えで大量に買い、そのせいで必要な方にメリーズが行き届かないなら・・・

どちらにせよ見ていて気持ちの良い光景ではありませんでした。

ちなみに、我が家のオムツのメーカーはその時によって変わります。

その時に安い物を買っています。

始めは病院で使っていたパンパース。

ハイハイするようになるとムーニー。

離乳食をちゃんと食べるようになり、便も固まるようになったら、ムーニー、グーン、マミーポコ。

と言った感じです。

マミーポコは安いので我が家では重宝しています。

2018年10月16日火曜日

育児休業給付は実は毎月もらえる(男の育児休業シリーズ)

育児休業期間中は会社から給料は支給されません。
(会社で独自の手当てをしている場合は別)

その代わり【育児休業給付金】というものが雇用保険からもらえます。

この育児休業給付金は所得税や社会保険料がかかりませんので、実質的には給料の8割くらい貰えると言うのが私の実感です。

さて、この育児休業給付金ですが、支給は『原則2ヶ月に一回』です。

8月と9月を育児休業で休んだら、貰えるのは早くて10月半ばくらいです。

つまり、3ヶ月は収入無しの生活が続きます。

ただこの育児休業給付、実は1ヶ月毎の支給もできます。

どうすれば言いかは簡単、

育児休業給付を申請する部署(大体は人事部)に、

「育児休業給付の申請を1ヶ月毎にしてください」

とお願いすればOKです。後はその部署の方が申請してくれます。

どういうことかというと、育児休業給付は『原則』2ヶ月に一回支給ですが、『本人が希望すれば』1ヶ月毎に支給されるのです。

これは育児休業のパンフレット等にも載っているので、当分の生活費に不安がある方(私はありました)はぜひやってみてください。

2018年10月10日水曜日

夫婦で育児休業を取ることの金銭的インパクト(男の育児休業シリーズ)

男性が育児休業をとる場合、妻も育児休業を取るケースが多いでしょう。

もちろん、妻が仕事復帰しその代わりに夫が育児休業を取るという事もありますが、大半は夫婦で育児休業を取ることが多いでしょう。

私も夫婦で育児休業を取りました。

今回はその時の金銭面について触れようと思います。

結論から言うと、

家族無収入の期間が2ヶ月はあります。

ただし、これは私が育児休業給付金を1ヶ月単位で貰うようにしたからです。

もし育児休業給付金を2ヶ月単位で貰っていたら無収入の期間は3ヶ月に及んだと思います。
(育児休業給付は2ヶ月に一回が基本ですが、1ヶ月毎に貰うことできます。その話は別の機会に)

この事は夫婦で育児休業を取る際に頭に入れて置く必要があるでしょう。

子供が産まれたら間違いなく生活費は増えます。

出産費用は出産一時金では賄えないことが大半です。

そしえ単純に光熱費が増えます。

子供が夏または冬に産まれたなら、自宅では一日中エアコンをつけることになります。

もちろんオムツや子供用の衣類のお金もかかります。

2ヶ月無収入でも破産する家庭は少ないと思いますが、確実に預金残高が減ることは少なからずインパクトがあります。

この対策は特にありません。

予めこう言うことがあるのだと認識しておきましょう。